小豆島サーチエンジン
↑ クリック! ↑

ホーム>おすすめ!小豆島観光スポット
おすすめ!小豆島観光スポット

このページは管理人おすすめの観光スポットを紹介するページです。メジャーなスポットから、 地元の人も知らないようなマイナースポットまでどんどん紹介していきます。
マークの説明
無料で利用できるスポットです(但し、一部施設は有料の場所もあります)
景色が素晴らしいスポットです。
他ではあまり紹介されていないレアなスポットです。




  観光地名 住所 営業時間 備考








土庄町土庄港


地図はこちら
終日 小豆島出身の作家【壷井栄】の代表作「二十四の瞳」を模したブロンズ像です。このブロンズ像のレイアウトは、 後方に写っている皇踏山の稜線にあわせてあるそうです。
平和の群像
土庄町鹿島


地図はこちら
8:30〜22:00 土庄町の鹿島海水浴場の前にある公園です。山頂には中世の山城を模した展望台があります。それ以外にも テニスコート・野球場それから、 冒険の森には97mもの長さを誇るジェットスライダー(滑り台)やアスレチック施設ががあり、ご家族連れで楽しむ事ができます。

高見山公園
土庄町甲1083番地


地図はこちら
9:00〜17:00 この建物は、自由律の俳人「尾崎放哉」が来島した大正14年から翌年亡くなるまで過ごした南郷庵を当時のままに 復元したものです。放哉ゆかりの文献や資料を展示しています。
尾崎放哉記念館
土庄町本町


地図はこちら
終日 土渕海峡は小豆島本島と前島の間にある全長約2.5Kmの海峡です。最も幅の狭い場所は9.93mしかなく、 これは世界で一番狭い海峡ということで、ギネスブックにも認定されています。海峡横の土庄町役場(商工観光課)で横断証明書(100円)を 発行しています。
土渕海峡
土庄町北山412番地


地図はこちら
終日 樹齢1500年以上と推定されるこのシンパクは、国指定の特別天然記念物に指定されています。 根元の周囲は16m余りありその大きさは日本で最大であると言われています。 またこのシンパクは応神天皇の手植えであるとも言われています。
宝生院のシンパク
土庄町小馬越乙1番地


地図はこちら
8:30〜17:00 馬越峠の高台に建てられている巨大観音像です。スリランカより贈られたお釈迦様の歯の分骨を祀ってあります。 中にはエレベーターがあり、展望室まで登ることができます。
小豆島大観音
土庄町銚子渓


地図はこちら
8:10〜16:50 餌付けされた約500匹のニホンザルを放し飼いしている自然動物園です。そのほかにも、小豆島の始祖を祀る 大野手姫神社や絶景の仙多公峰、銚子の滝など素晴らしい景観を誇っています。

銚子渓・お猿の国
土庄町小海


地図はこちら
9:00〜16:30 寛永十年頃行われた大阪城改修の際に切り出されたものの、使われることなく放置された約40個の石をもとに 整備された公園です。数多くの資料によって石材の切り出しから運搬、加工などの様子がわかりやすく再現、説明されています。また、これらの残石は 実際に使われなかった石ということで「残念石」とも呼ばれています。
道の駅「大坂城残石記念公園」












小豆島町中山


地図はこちら
終日 中山の千枚田は、小豆島で唯一の棚田として全国的にも有名です。実際は700枚余りの大小様々の棚田が波形に広がっていて、 棚田最上部に位置する湯船山境内からの景色は素晴らしいものがあります。
中山の千枚田
小豆島町室生


地図はこちら
9:00〜17:00 オートキャンプ場をはじめとするアウトドア施設、テニスコートやファミリープールなどの スポーツ施設など多くの設備をひとまとめにした滞在型の観光レクリエーション施設です。恵まれた自然の中で 過ごす、ゆっくりとした時の流れはある意味最高の贅沢なのかもしれません。
小豆島ふるさと村
小豆島町二面


地図はこちら
終日 安政年間(1772〜1781年)に時の代官「塩屋金八」が寄付し移植されたといわれています。 大正13年に国の天然記念物に指定されたこのソテツは、幹の根元が周囲6m余りもあり、この巨大さと旺盛な樹勢は 日本随一であるといわれています。
誓願寺の大ソテツ
小豆島町長崎


地図はこちら
終日 小豆島には、古来より鹿・猪・猿などの野生動物が多く棲息し、それらの動物による 農作物などへの被害に大変苦しめられていました。そこで、それらの侵入を防ぐために小豆島の尾根伝いに 「しし垣」 と呼ばれるものを築きました。この長崎地区のしし垣は土を塗り固めて作られた大変珍しい造りになっています。

長崎のしし垣
小豆島町白浜


地図はこちら
終日 小豆島町三都半島の先端にある地蔵崎灯台からの風景は、さぬき百景にも選ばれ、大変美しい景色を楽しむことができます。 ここは小豆島とさぬき市大串岬の間の狭い海峡を、大小様々な船がひっきりなしに通行する、海の銀座と呼ばれている場所でもあります。 ここを行き交う船を見ていると、時間を忘れてしまうかも知れません。

地蔵崎灯台
小豆島町西村


地図はこちら
8:30〜17:00 オリーブ製品の直売や、オリーブに関する各種資料を展示しています。また、レストランでは オリーブオイルを使用した多数のメニューを用意しています。オリーブは、毎年5月から6月にかけて白い花をつけ、10月から12月にかけて 実の収穫が行われます。オリーブがいっぱいの遊歩道には、ジャスミン・ミモザの花などが彩りを添えています。
オリーブ園
小豆島町西村


地図はこちら
8:30〜17:00 オリーブとギリシャ風の雰囲気を前面に押し出した観光施設です。オリーブの資料を展示している オリーブ記念館では小豆島の特産品を販売しています。また、200種類ものハーブを栽培していて、それらを利用したハーブティーなども 飲んだりできます。それ以外にも、ギリシャ風の風車やコロシアムを模した芝生広場など地中海の雰囲気を感じ取れるお薦めの場所です。
オリーブ公園
小豆島町


地図はこちら
終日 小豆島最高峰(標高817m)の星ヶ城山は南北朝時代、南朝方の「佐々木 信胤(ささきのぶたね)」によって築かれた山城跡です。 東峰、西峰と二つのビューポイントからは雄大なパノラマを楽しむ事ができます。寒霞渓山頂からの遊歩道もあり森林の中を時間をかけてのんびり歩くのもいいかも。

星ヶ城
小豆島町


地図はこちら
8:00〜17:00 小豆島といえば寒霞渓の紅葉と言われるほど、有名な観光スポット。紅葉以外でも自然が長い年月かけて作り上げた奇岩群は一見の価値があり。 また、山頂からの展望はまさに素晴らしく、日本三大渓谷美と呼ばれるにふさわしい景観を誇っています。

寒霞渓
小豆島町美しの原高原


地図はこちら
終日 寒霞渓と銚子渓の間にある展望台です。ここからは小豆島町中心部の町並みが眼下に広がり、遠くは瀬戸大橋や大鳴門橋も望むことができます。 見晴らしの良さでは小豆島でも1・2を争う隠れたスポットです。
 四方指展望台
小豆島町西村−古江地区


地図はこちら
9:00〜16:00 江戸時代より製造が始まった歴史のある小豆島醤油。そしてその質の良い醤油を使用した小豆島佃煮。 醤の郷(ひしおのさと)とは昔ながらの製法を頑固に守りつづける工場が集まる地域の総称です。のんびり徒歩で散策するも良し。 レンタサイクルで全ての施設を回るも良し。時間をかけてじっくり散策してほしいスポットです。
醤の郷
小豆島町苗羽


地図はこちら
9:00〜16:00 実際に使用していた醤油工場を利用改築し醤油の製造過程や、醤油に関する多数の資料を展示しています。また、ほのかなキャラメル風味のしょうゆソフトクリームは、 絶対にはずせないアイテムです。
マルキン記念館
小豆島町田ノ浦


地図はこちら
9:00〜17:00 壷井栄原作の小説「二十四の瞳」の舞台になった分教場跡です。この建物は昭和46年まで苗羽小学校田ノ浦分校として実際に使用されていたものをそのまま保存しています。 建物はもちろん、机・椅子など古き良き時代の雰囲気が存分に味わえる施設です。
岬の分教場
小豆島町田ノ浦


地図はこちら
9:00〜17:00 昭和62年に公開された映画「二十四の瞳」(田中裕子主演)で、使用されたオープンセットをそのまま保存しています。分教場のほかに、男先生の家や雑貨屋などもそのまま 保存されています。施設全体が昭和初期の町並みを再現し、なんともいえない懐かしい気分にさせてくれます。
二十四の瞳映画村
小豆島町岩谷


地図はこちら
終日 小豆島各地に点在する大阪城築城用の石材を切り出していた丁場跡のひとつです。この丁場跡には遊歩道が整備されており、至る所に切り出しかけた石や切り出したものの 運び出されず放置された石など見ることができます。それらの石には採掘する際に開けられる「矢孔」の跡や多種にわたる刻印がはっきりと残っています。この地区には他にも数ヶ所の丁場跡が残されており 島の中でも最大規模の丁場であったと思われます。
大坂城築城残石
小豆島町吉田


地図はこちら
8:00〜17:00 小豆島最大のダム、吉田ダムに隣接して整備された公園です。オートキャンプ場をはじめ多目的グラウンド・クライミングエリア・そして天然温泉も楽しむ事ができます。 ダム公園とはいえ、海岸とは非常に近く海と山が同時に楽しめる珍しいスポットでもあります。

吉田ダム公園

このページに関するご意見、ご要望は こちらからお願い致します。

Copylight(C) 2000 Media Plus All Right Reserved